friendship2100’s diary

体験したこと実感したことから発信します。

iPhone8+Kenko望遠8倍での鳥撮影 3

何を気にしたのだろう。首を傾げてこちらの方を見た。

首を傾げるバン

 

どうも鳥の撮影は難しい。

iPhone8にkenkoの望遠レンズを付けただけでは限界が来ているのかな。

それで調べてみると、まだ手はあるようだ。

 

1 撮影ポイントを決めて、そこにピントを合わせておく「AE /AFロック」という機能を使う。いわゆる「置きピン」です。iPhone8の場合はピントを合わせたい位置をタッチして長押しすると「AE /AF ロック」という表示が出ます。

 

2 iPhoneで撮影時にシャッターボタンを押し続ければ高速で連続撮影するバーストモードになり手ブレを抑えることが可能となる。あとで写真アプリでベストな写真を選びます。(写真アプリで画面下の「選択…」をタッチすれば撮った枚数の写真が表示されます。)

 

3 Adobe Lightroom(無料版もある)を導入し、そのカメラ機能でマニュアルモードにしてシャッタースピードを設定すれば動く被写体も手ブレを抑えて撮れる。(ただしAdobe Lightroom導入の際、写真アプリの写真データを全て読み込みとすると、すぐ全ての写真を編集できるのは良いのですが、ほぼ倍の記憶容量が必要となるので、iPhoneのストレージに余裕がない時は選択して読み込みとするよう注意しましょう。これは私の例で、導入時の表示は記録していませんでしたので、用語は正確ではないことをご容赦ください。)

 

ということなので、これらを試しながら「iPhpne8+Kenko望遠8倍」での鳥などの動体の撮影にチャレンジして行きます。